洗顔・温め・保湿で毛穴の開きを治す方法

毛穴が開いて脂っぽい、化粧くずれが早い、テカリが気になるという女性、多くありませんか?
私も以前はそうでした。某エステの肌チェックを受けてみたら、混合肌で毛穴の開きあり、しかもいらない角質層がついていると指摘を受けました。そして高価な化粧品を勧められましたが、泣く泣く断念。それでも、某エステで受けた効果が忘れられず、見よう見まねでやってみることにしました。

 

⇒毛穴専用化粧品一覧

 

するとどうでしょう!高価な化粧品なんて使っていないのに、「あれ?なんだかお肌が柔らかい。」
そして、「毛穴が目立たなくなって、化粧崩れしなくなった!」になりました。若いころにはニキビに悩み、開いた毛穴から出る皮脂による化粧崩れで悩んでいた私が出した結論は、必要なのは高価な化粧品よりも毎日の手間とお手入れでした。では、以前、混合肌と言われた私の毛穴の開きを治し、化粧崩れしにくいお肌にした方法をお教えします。

 

まず大切なのは丁寧な洗顔です。高価な洗顔フォームは必要ないと思います。私が使ったのは泥が入っていて「保湿成分」の入っているものにしていました。なぜなら、エステティシャンの方に「皮脂はお肌の表面を守っているもので、取りすぎると過剰に分泌してしまう」と言われたからです。泥が入っているものを選んだのは汚れを吸着してくれそうだったから。ただ、それだけの理由です。

 

では、まず洗顔の仕方ですが、テレビでもよく見かけるもっちりした泡を作ります。泡立てネットなどを使って、垂れないくらいの硬さの弾力性のある泡でしっかり顔を覆って手のひら全体でこすらずに洗ってください。毛穴の汚れの気になるところもくるくる洗ってください。しっかり洗った後はしっかり流してください。

 

その後、タオルを適度に濡らして絞り、電子レンジでチンして少しさまし、顔全体を覆います。いわゆる「蒸しタオル」です。これで十分効果はあると思いますが、途中で冷めてきてしまうのと、手軽さを考えて、私はパナソニックのナノケアを購入しました。

 

蒸しタオルでも同じ効果は得られると思います。(私も始めたころは蒸しタオルのみでした。)ですが、某エステでもスチームを使用していたのを思い出したのと、1万円ちょっとで毎日簡単にお手入れをすることを考えたら安いものだという感じです。
さて、蒸しタオルで毛穴が開いた後に化粧水をたくさんパッティングしてしっとりさせてあげましょう。
私は某サロンで「脂を取りすぎると自分から出してしまう」といわれたので、それを信じてかなりしっとりさせてあげていました。

 

ちなみに私は乳液やクリームは使いませんが、化粧水はたっぷりつけることにしています。この時点ではわかりにくいかもしれませんが、一晩寝て、朝顔を洗ったときに、「お肌が柔らかくなっている!」と実感できると思います。そして、毎日続けていくと、くすみがとれ毛穴が目立たなくなっていきます。脂肌を気にして取りすぎることにより、過剰に分泌していた皮脂も落ち着き、化粧崩れもしにくくなってきます。

 

まずはお肌をクリアーな状態にすること。蒸しタオルで血行をよくし、毛穴の汚れを落としましょう。そして、化粧水で補充です。

 

毎日のお手入れでいらないものを落として補ってあげることが大切なのかなと自分自身で実感しています。

 

去年の秋ごろに某エステで肌チェックを受け、高くて買えなかった化粧品でしたが、この方法で私は毛穴も目立たなくなり、今年の暑過ぎる夏も化粧崩れを気にすることなく過ごしました。お肌も柔らかくなって化粧のりも良いですよ。

 

ぜひ、試してみてください。

 

⇒毛穴専用化粧品一覧